読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の遠征大反省会

12月30日は私の現場納めとなった。

思い返してみると1月の新春に始まり
ほぼ月1回のペースで何かしらのコンサートや舞台に行った1年だった。


そもそも初めて遠征したのは一昨年の7月。
当時大学生だった私にとっては一大決心で、
でも飛行機に乗るしか会える方法がなくて。
アルバイトの稼ぎも並大抵。
ただこれは遠征がどんなに楽しいものか知ってしまったきっかけであったと思う。

1月 キスマイ新春福袋×2
大学生だった私は日程の都合はばっちり。
怖いのは飛行機だった。初めての1人。
親に急かされLCCを断念。
少し高いけどリッチな飛行機を取る。
初めての横浜!
そして初めて会うフォロワーさん!
今までツイッターで知り合った方とお会いしたことがない私にとってとても思い出深い。
フォローする前にお会いできて今も繋がっている方もいらっしゃるし、なんせお土産がすごい!
横浜に行ったのに各地のお土産をたくさん抱えてホテルで広げて幸せを噛み締め団扇と寝る。

その後悲劇は起きた。
到着地の天気は最悪。飛行機は遅れていた。
そこまで心配せず待っているとアナウンスが入る。

「本日出航予定の便は全て欠便となりました」

とりあえず親に電話。
初めての見知らぬ地でその場でホテルを取る。
土地感わからずとったホテルでコンビニのお弁当を食べながら泣いた。(きっと色々不安だった)

翌日も朝から空港で待たないといけないとの事で現場増やせず。

無事飛行機は飛び帰れたもののハプニングだらけの遠征。


3月 Endless SHOCK
この頃には晴れてDDクソ野郎となっていた私は初めてジュニアを見に行く。
今まで存在は知っていたもののまさか行けるとは思っていなかった。
そして初めての舞台だった。
コンサートとは違う雰囲気ですごくキラキラしてて、岸優太は生きてた。
しかもとてつもなくかっこよくて。
純粋に応援したい、この子が大人になっていく姿を見見てたいと感じた。
双眼鏡でひたすら見ていてたのは岸だけだし、
ホテルで写真広げて頭抱えて
1人遠征の夜初めての1人飲みした。
ちなみにこの日のホテルはフットマッサージャーがお部屋にあった。
心にも疲れた脚にも染みた。


5月 パリピポ横浜
やっぱり行かないと見れないので飛行機を取る。
ただいま横浜!会いたかったぜ!は心の中で。
初めて見るジャニーズWESTはそりゃもうかっこよくて面白くて。
たった1回の公演なのにすごい満足してて。
お腹抱えて笑ったり声出して踊って汗かいたり。
そしてこの日もお酒を買ってホテルに帰り団扇と乾杯。
普段1人でホテル泊まることなんて少ないから(今後多くなる)贅沢しがち。 
ベッドに買ったグッズ広げて一つ一つじっくり見て。
テレビつけたまま音楽つけてツイッターして。
書きながら思うけどかなりのカス具合でも本当に楽しいんだよな………


6月 パリピポ神戸
色々とハプニングがあったものの無事コンサートへ。
初めて日帰り遠征をする。
本当は泊まるつもりでいたけどなんせ発着便が少なく翌日は朝8時の飛行機。
ならば最終便で帰ろうと決意する。
飛行機で隣のお姉さんに話しかけられて
「重岡担ですか?」と推理される。
日帰りすることを伝えてドン引きされる。
コンサートはもう距離が近すぎてみんなが生きてるの再確認できて感無量。
この日はじめてジュニアからファンサをもらう(そう信じている)
ちなみに真鳥くんですカワイイ!
帰りはそそくさと会場を後にするとしっかり飛行機にも間に合い安心。
しかし神戸らしいことが何もできてないのでとりあえず搭乗口にあったフレンチトーストを購入。
お兄さんがオマケしてくれる。

忘れてたけど私この日休出言われててでも先に飛行機とってて結局休んだんだった。
職場にジャニオタを発表してしまった日。


7月 サマステ特別公演×2
岸に久しぶりに会える!
そして久しぶりの友達と遠征!
ということでウキウキ東京へ。
とにかく暑い。耐えられない。
いかに自分が涼しく夏を過ごしていたか知る。
いつもしっかり調べて目的地まで行くはずが
暑さにやられ別方向に向かう。
「私この間パリピポの時ここ泊まった」
で気がつく過ち。
当日公演日じゃなくてよかった……。
初めてのEXシアターは胸が高まった。
番号は決してよくないものの近い……バルコニー近い……。
歌って踊るアイドル岸優太を見るのは初めてで、やっぱり好きだなって思う。
最初から最後まで岸。
ギラギラしてるのもふわふわしてるのも
とにかく全部愛おしかった。

翌日の公演は今年1番の良席だと思う。
ステージから5列内で開演前は不安だったけど
幕が開いて階段降りてくる6人見て腰が抜けそうになる。
ライトが当たると更にまずい、汗も見える。
そんな近距離で岸優太を見ることは今後もうないかもしれない。
ライトはずっと紫。ステージの方が近いのにバルコニーへ行く岸を追う。
最後の最後で目があう。(気がする)
さらっと手振ってくれた姿は昨日のことみたい。

終始暑さにやられ冷えピタ常備。
日焼け止めも毎日しっかり塗った。
東京の夏だった。幻だったかもしれない。



8月 サマステvs公演
なんと一般でチケットが取れた。
我vs武
ガムシャラを救済してもらっているため
本当に胸が熱くなり
勝手に全員産んだ気になる。
お仕事の傍一生懸命練習してぶつかって。
パフォーマンスが見れるのが嬉しくて。
1階1番後ろの壁によしかかりながら見た。
みんなかっこよかった。
1人六本木をなかなか離れられなくて
等身大パネルと写真を撮る、いや撮ってもらう。
なんであんなに自分から撮ってくださいって言えたのかも不思議。
でも元気がないときに見てる 1枚。
そうこうしてたので結局ホテル近くに戻るとどこも空いてない。
少し歩いてお一人様のお客さんが見えたから
イタリアンのお店に入る。
(1人がお手洗いにいただけだった)
いつもはホテルまで我慢するけど今回はお店でお酒解禁。
お一人様も悪くないと思う。
その日は土曜日でガムシャラリアタイのはずがお酒を持ったまま電気も消さず寝てしまった。


9月 少年たち、キスマイワールド
どうしても行きたかった少年たち。
ジェシーと阿部ちゃんが見たかった。
ちなみにフォロワーさんと泊まる初めての遠征。
とにかく世界観に圧倒されて。
でもやっぱり好きな人しか見れなくて。
気づいたらあっという間に終わってた。
すのーまんのアクロバットみて鳥肌たって、
静かな空間で息するのも惜しかった。
こうちくんのフォトセットくださいってお願いしたらひーくんがでてきたのも事件。

キスマイワールドはセトリを見ず楽しみにしていたのに後ろの人に全てバラされる。
やっぱり横尾さんはかっこよくて苦しくなった。
スタイルも抜群、再確認。
なんだかんだ初の東京ドームで風圧にやられる。
あと見学の豪華さに驚く。
横尾さん、かっこよかったな……

そして2日間とも夜はフォロワーさんとお酒を。
好きなこと好きなだけ聞いてくれて同じ熱量で返してくれる空間がたまらなく楽しかった。
どうしてみんなこんなに遠くに住んでるの?


12月 ジャニーズワールド
そう、私の現場兼遠征納め。
全く内容もわからず会場へ。
雪がなくて寒くない冬に感動。
ホテルは暑すぎて冷房をつける。
正直内容全く覚えてない。
それは 宮舘くんのせい。
少年たちの時は全然見てなかった故に自分でも驚くけど最近の私は宮舘くんが好きすぎる。
その日は突然やってきたしきっかけも不明。
でも気づいてしまった。
しかも最強のピークを迎えていたため終始宮舘くん。
双眼鏡でずっと宮舘くん。
いつの間にかダンスとかアクロバットでわかるようになってた。
とにかく宮舘くんしか見てなくて内容が全く入ってこなくてきっと感想の共有ができないと思う。
本当にすごい好きになってる。


そんな訳でこの1年はDDが悪化。
よく思われないと思うけど社会人一年目も
こうやって誰かかしらを見に行くことで
乗り切れた気がする。
その分いっぱいお金も落としてきたけれど。
もう少し近くで公演があればなと思いつつ
今年はTABUもV6もエイトも自分の住む土地で見れて本当に嬉しかった。

来ないから行く、は私の中で贅沢なお金の使い方な気がするし、でもそうしないと頑張れなかった。
もっと別の方向も見た方がいいけどでも思い返して楽しい1年だったし幸せだった。

来年は誰を何回観に行くのか自分でも
予測がつかないけどそれで頑張れるなら
今はそれで頑張ろうと思う。

飛行機のるの楽しいしスープ美味しいし。


この一年で感じた遠征で学んだこと
必ずしもLCCが安いわけではない
空港の空いてるパウダールームの場所
1日で飛行機の額がとんでもなく変動することがある
化粧してから飛行機にのると男の人が優しい
冬道のキャリーはトレーニング
フォロワーさんと飲むお酒が美味しい

そして

私の遠征あるある
真剣にデート服みたいなの買う
下着新調しがち 
メイク変える
トリートメント(美容室)に行く
普段やらないネイルする
1人飲みはクラシック選びがち
1人のお風呂が強くて1人リサイタル
どこからしらメンバーカラー入れたくなる
ジャニショで爆買い
遭遇を気にする
ティッシュ配りのお兄さんに怯える
常にゴキブリを警戒する
最終的にチケットとお金があればいい



この一年で関わってくださった方、
読んでくださった方、ありがとうございました。

どうしようもない私ですが
これからもどうぞよろしくお願いします。




来年はもう少し無駄遣いのない遠征にしよう。