読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れたくないから

自分が忘れたくないので覚えてる限り

書き留めておこうと思います。

あくまでも私目線、私の感想、忘れたくないこと。


1.青春ウオーーー!!

登場の仕方はわかってたけど手が出てきた時に想像を超える近さに焦る。

一番最初に顔が確認できたのは淳太くんと

神ちゃんだった気がする。

本当に近くて顔もしっかり見えてうわーってなる。


2.ズンドコパラダイス

ひたすら楽しくて踊る。ほぼ背中なので

スクリーンと後ろ姿を行ったり来たり。

重岡くんのお尻可愛くて死ぬ。

途中で淳太くんくるんだけど

淳太くんの特徴ある「ズンズンドコ ズンズンドコ」

とそれに付随して流れる髪の毛が近くで見れて大興奮



3.ジパング・おおきに大作戦

大好きなダンスをしっかり肉眼でみるも

ほぼ記憶なし



4.パリピポアンセム

とにかくペンラ振り回す

神ちゃんが近くにくる。

神ちゃんまじでカワイイ……

めっちゃ煽ってくるお顔男って感じして

ドキドキする



5.ジュニア紹介

大チュン可愛すぎて撃たれる

室くんが近くだった(多分)けど

テレビで見るより男前な印象

衣装ヒラヒラさせてカッコよかった



6.夢を抱きしめて

とにかく衣装が好き

逆サイドのステージのため

スクリーンを見つめる。



7.SCARS

出だしの重岡くんがベスポジ

表情がすごくてペンラ振れなくなる。

もう本当に好きってなる。

ラストの濱ちゃんソロパートで

アレンジがはいる。あの瞬間、世界は

濱ちゃんと私だけ閉じ込められた。

コンサートでそんな感覚初めてだった。

周りの音は聞こえなくて、濱ちゃんの声だけ。

時間止められた。




8.Can’t Stop

本当に大好きで近くで見れると思ってなくて記憶がない。重岡くんが近かったから。



9.Manbo de WEST!

後ろ姿しか見えない!表情が見えない!

とにかく重岡くんの後ろ姿ばっかりみる。

むちむちの太ももとお尻フリフリが

可愛すぎて苦しくなる。


近くの花道通ってセンステへ。

みんな近い。斧岡くんカワイイ……

斧上に投げて落ちてくる時頭抱えながら

逃げ惑う流れに内蔵がやられる



10.粉もん

目の前はのんちゃん。

席みながらとにかく楽しそうな笑顔で踊る

望可愛すぎて私も笑顔になる。

可愛いお顔なのにダンスはキレッキレで

ギャップがすごい。本当にずっとニコニコしてて苦しくなる。

重岡くんの裏声がリアルすぎて撃沈。




12.浪速一等賞

振りがとにかく好きなのでセンステのメンバーと花道ジュニアを行ったり来たり。

ジュニアのかのガムシャラなダンス感が好き……

「ほんまに、やったるで〜」

の淳太くんはカメラに向かってる姿を見るも目が足りずスクリーンの表情見れず。


お立ち台は淳太くん

淳太くんは丁寧に周りを見て淳太くんの

団扇を持ってる人にしっかり反応してた

気がする。前のお姉さんがお手振り貰ってた。淳太くん王子様だった……




MC

神戸の人って

声帯ちぎれたなんて普通の話で出てこないからやっぱり重岡くんだなって思う


淳太くん爆モテ

タイ航空とタイ空港が違うって話 

淳太くんを見に客室乗務員さんが席に

とっかえひっかえきたとか

(б∀б)「爆モテやで」


女の人の髪型問題

結局みんなカワイイみたい

オン眉問題でオン眉わからない濱ちゃん。

原西さん。原西さんのギャグやるてるし。

キレがすごい。


のんちゃんベルモット

誰かわからなかったけどけど重岡くんがあれ好きなん?って説明通りだったのにそこにあんまり触れないのんちゃんと俺言ったじゃんの重岡くん

そして重岡くんはモルモット

(^ヮ^=)「誰が実験台や!」

ののちすぐに

「やめとけ」って入るのすごい



重岡くんセンター分け

過去重岡くんはセンターで前髪を分けていたということに対して

きっつっていう人誰やってめっちゃカワイイ……

私も流れできっつっていいたい


重岡くんパーマ

パーマのために美容室いったの可愛すぎ


重岡くんコボちゃん

BAD BOYSで唯一喧嘩するシーンが雨のため

黒髪の重岡くんは濡れてコボちゃんになる



のんちゃん短髪

なんでも似合うと自負するのんちゃん

(可愛い)

短髪にすると流星のオトンに似ている


淳太くん金髪

シャンプーの後すごい量が抜ける

ケアが大変だからできない

今のヘアスタイルは篠田麻里子さんかIKKOさん

(б∀б)「なんで卒業生かオカマやねん」



てるし髪を切る

ゴリラにしてください?っていって美容室へ

ジャニーズ界のゴリラなのか

ゴリラ界のジャニーズなのか

(´◇`)「どっちもちゃうわ」



流星のグラデーション

(^ヮ^=)「(流星の髪触りながら)なんっていうん?」

(ノノ_☆)「グラデーション」

(^ヮ^=)「……アメージング!!!」

この時の顔えげつな可愛い……

そのあとグラデーションを

バリエーションとか言う重岡くん

底知れぬカワイイ



ゲス岡くん





パリピポBOX

神ちゃん一番BOXに近いからとってって

言われるも 

(`-´ )「断る!!!!」

めっちゃカワイイ。


最初に引くのが神ちゃんで

BOX持ってあげる重岡くんナチュラル……

優男……



ボウリング

てるし→神ちゃん

そんなに上手くないっていうのがいい……

てるしと神ちゃん二人でボーリング行って

ストライク取ったあとハイタッチするなんて

カワイイ以外の何者でもない。


神ちゃん濱ちゃんのんちゃんでボーリング

濱ちゃんフォースだして160ぐらい

神ちゃんは8本くらいしか倒せない中途半端

スポッチャ?でボーリングしてることに震える



重岡くんが引いて

濱ちゃん→てるし

東京の仕事が続くと東京弁


まず東京弁っていうのがカワイイ

濱ちゃんが家族に気持ち悪っていわれるの

想像しただけで苦しい…… 

関西でもやっぱり違うんだなって実感



またもや引く重岡くん嬉しそうやなって言われてニコニコ

重岡→てるし

そっち系なんですか

てるしゲイ界の童顔巨乳

濱ちゃんの口から聞けて新鮮だった

のんちゃんがビンタしててるしが唇尖らせるのやばい

二人とも笑いこらえてたけど結局笑っちゃうのも可愛かった……




関ジュの舞台が決まったということで

過去の自分たちを振り返りつつ

誰がどの役をするのか考える。

どの役に対してもでてくる

「大西流星ちゃう?」


みんなしてセリフ流星くんみたいに言うの

面白すぎてとにかく爆笑

濱ちゃんやばい……





13.お仕事メドレー

前回はほぼスクリーンを見ていたので今回は多少見づらくても肉眼と決めていた。

ええじゃないかのスタートポーズ可愛すぎ。

みんな思い思いすぎ。酔拳が一番笑った。


と思ったらいったじゃないかで全て飛ぶ。

海老沢くん(制服姿の重岡くん)は本当に辛い。泣きそうきなる。記憶なくなる。


以降メドレー記憶なし




14.ジュニアコーナー

ハピラキ大好きマンすぎて超踊る。

ハピラキしか覚えてないカス。

真鳥くんカワイイ。




16.キミコイ

始まってしまった私の地獄タイム。

前回はスクリーンでしか確認できなかったのでまずどこを見ていいか戸惑う。

とりあえずお花持ちながら踊る重岡くんがこの目で見れて本当に幸せ……

本当にかっこいい……ニコニコしてる……

キミコイ好きすぎる……



17.Toxic Love

命持たない。

本当に好きすぎる。重岡くん。

指の動きとか、髪の動き。

ちょっと笑うとことか。音全く覚えてない。

とてつもなくカッコよかった。



18.SAKURA〜旅立ちのうた〜

運良く私の斜め後ろ側重岡くんだった。

機械?が上がるのってあんなにガタガタしてること初めて知った。あの細いポールだけで支えてるのか……

後ろを向くことはなかったけど、重岡くんの歌う後ろ姿をあんなにずっと見ていられることなんてないから本当に幸せだった。

襟足も背中も足の動きも。

本当にかっこよかった。重岡くんしか見てなかった。



パリピポくん煽り

パリピポくんかぶってるメンバー

みんな可愛すぎる。

やっぱり神戸ネタが多いけど

本当は自分の地元で聞きたいという欲が……

ということを考えていた。



19.PARTY MANIACS

たまんない……全く違う顔が観れる……

濱ちゃんの衣装が好きなんだけど

本当に足長くて細くてかっこよかった……

淳太くんがニヤっとするのもとんどもない威力



20.for now and forever

記憶なし



21.バンバンッ!!

お立ち台濱ちゃん

周りの人みんなに指差しブワーっ!!!

初めて生声聞きいた……

濱ちゃんお肌ツルツルだし本当にかっこいい……

テンション上がりながらも疲れてる感じが

またリアル……



22.Time goes by

元々泣きそうでいつも聞けないだけに

本当に聞けなかった。

もう周りは涙で曇ってたし記憶もない。



アンコール

23.P&P

散らばりすぎてどこを見ていいかわからない

とにかくグルグル

アンコールの重岡くん衣装がリアル22歳で苦しむ


24.パリピポアンセム

目の前の花見にタオル振り回す重岡くん

ジュニアと絡む重岡くん

左腕血管を肉眼にて確認

気を失いそうになる。



最後挨拶

大チュンとなりの子になんかいってるけど

お互い伝わってなくてその感じがリアル男の子


重岡くんの生声しっかり聞けました。




そして、人生初の自らの手で銀テを

手に入れました。




細かい言い回しや表現に違いはありますが

私の感じたパリピポはこんな感じ。



とにかくあっという間で幸せな時間でした。




個人的に初めて飛行機を使った日帰り日程

でしたがなんとかなりました。

また神戸行けたらいいな!




本当に本当にありがとうございました




追記

パリピポBOXに引いた紙を戻して

「ごめんな」っていう重岡くん。

後で戻しとくからええよというメンバー。

2部で同じものが引かれた?ってことは

やっぱりすごく忙しいんだなぁ……


私はとんでもなく重い女だった

最近私の中で深刻化する「担降り」問題。


そもそも何故こんな言葉が存在するのか、

そしてこんなにも苦しめられるのか。


ジャニーズを好きになったきっかけと一緒に考えてみた。


私が最初に好きになったアイドルは

SMAPの「稲垣吾郎」である。

生まれた頃から母がSMAPのFCに入っていたこともあり、小さな頃から自然とSMAPの音楽を聴いて育ってきた。


私が吾郎ちゃん!吾郎ちゃん!といっていたのは幼稚園生の時である。今でもはっきり覚えているが、


吾郎ちゃんしか知らなかった

水色が好きだった

私にも好きな人が欲しかった


この3点が私をひたすら吾郎ちゃんと言わせたのだと思う。



それからも車の中ではずっとSMAP

むしろSMAPしか知らなかった。





小学校3年生で転機は訪れる。

人生初めてのコンサートに行けることになったのだ。


なんとなく買ってもらった団扇は中居くん。

特に何がきっかけでもなく、自然と選んだのは中居くんだった。


会場はドーム、

初めての座席はアリーナD。

何がいいのかもわからなかった。

でもお母さんが喜んでいたのは覚えてる。


会場ついてからは雰囲気に飲み込まれていた。とにかくお腹が痛かった。


暗くなってペンライトの光が一面に広がって、歓声が聞こえたあの瞬間は昨日のことのように覚えていて、登場した5人を見て、今までテレビで見てきたあの5人が今目の前にいる、という変な感覚に陥った。

気づいたら涙をこらえるのに必死だった。



そしてこの時人生初ファンサをもらう。

草彅剛のお手振り。

クレーンでものの目の前に来たつよぽん

あれは絶対私を見ていた。

そう信じている。

(のちに一緒に行った父を見ていたのではないかという不安に駆られる時期が来る)


それからありがたいことに、SMAPのコンサートが開催されるたび公演に連れて行ってもらった。


団扇はずっと中居くん。

ファイルも中居くん。


ちょっと髪が長くて、おもしろくて

可愛い中居くんにそれはもう夢中。

非公式のカードもいっぱい揃えた。

その時は公式非公式知らなかった。





しかし、その瞬間は突然訪れた。





2008年、

super modern artistic performance tour





私は恒例のように母とグッズ売り場にいた。

今年の団扇はどんなデザインだろう?

心弾ませていたその時、感情が無になる。

私の好きな中居くんじゃない。

あんなに大好きだったのになんで

こんな気持ちになるのかもわからない。

しかし迫り来る会計。


母はいつものように

「中居くんでいいんだよね?」

と私へ聞く。少し間を置いて私の出した答えは


「木村くん」



いつから好きだったのと驚く母。

そして私は木村くんの団扇を握った。

心ここに在らずだった。


コンサートの内容もあんまり頭に入ってなくて

デザインが可愛かったことしか覚えてない。

なんってことだ。

幼い私にはそれはもうとてつもない衝撃だった。



人生で初めて好きになったアイドルを

ちっぽけなきっかけで担降りした私だが

今でもはっきり覚えてるくらいの衝撃

ということは当初から私は重い女だったのだ。




そして思春期を迎えた私は

木村くんの結婚している事実から目を背け

今日に至る。



デビュー前とか、デビューしてからのことは

本当にわからないし、でも私の成長過程には

常にSMAPがいて。


周りの女の子たちがNEWSやKAT-TUNにキャッキャしている時期も、ずっとSMAPが1番だった私は高校生の時に一度、ジャニ離れする。


その時は木村くんが既婚者なんて

まったく気にしなかったし、カッコイイだけで充分なんて思っていた。



大学生になり、横尾担として戻ってきた私は

何故か木村くんの結婚が受け入れられなくなっていた。

何故だ。私が木村くんを好きになった時から結婚していたのに。

この間、ツイッターでも書いたが

奥さんの出てる番組は見れない。

何故だ。





木村くんの幸せこそがファンの美学なのか、いや、この気持ちに嘘はつけない、嫌なものは嫌なのである、でも私は木村くんと結婚できるわけがないし、結婚したいとも思わない、それは嘘だ、あわよくば結婚したい


こんなことを一人でグルグル巡らせている。


すっごいくだらないと思うけど

私にとって深刻であるということは

結論やっぱりとんでもなく重い女でした。






重岡大毅のこと。

縁あってパリピポ横アリ参戦することになひました。


元々、カウコンのデビューで知った

ジャニーズWESTの存在。

背景とか、今までの活動に関して

無知でしたが驚いた彼らの顔や会場の空気に

鳥肌が立ったことは覚えています。

(のちに各メンバーの一万字を読みました)



メンバーをパッと見た感じ

ビビっときたのは桐山くん。

さらにメンバーカラーがオレンジというのは

何か共通点を感じました。




「ええじゃないか」の中毒性にハマりつつ

トークの面白さに惹かれていきました。

でもなんとなく見ている感じ。

いいなと思うのは桐山くん、でも

全体をみて可愛いな〜とかおもしろいなと

思っていました。



そんな私の心に変化が起きたのは 



重岡くんと同世代である




ことを知った時、その瞬間である。





正直重岡くんに興味はなかった。

歯並びが綺麗で笑顔が可愛くて

声にちょっと癖がある。そんなイメージ。



ただ同い年と知った瞬間

物凄い勢いでリアルな恋愛対象に見えた。



同じ時を過ごしてきた親近感

(全く接点はない)


いつしか私は学生時代の妄想をするようになる。(フォロワーさんとのWEST学園)



(妄想の中で)一緒に日直をした重岡くん。

(妄想の中で)一緒にテスト勉強した重岡くん。

(妄想の中で)学校帰りにニケツして帰った重岡くん。



あぁ、なんってリアルなんだ。



ちょっとお茶目なところ、

時折見せる真剣な顔、耳にのこる声


ちょっとしっとりを永遠に耳元で言われたい



あと、むちむちした脚。







そんな重岡くんをこの目でみるその時が

迫っています。


どうなるのかな、ワクワクですが

遠征です。まさか、北海道でるなんて。



ジャニーズを好きになって私は

すごく行動的になったと思うし

いろんな場所にいけて楽しいです。

その一方、先に予定がないと頑張れない。




ダメ人間カス野郎ですけど

毎日楽しく生きてます。










松田元太のこと。

最近、いや、昨年夏ぐらいから

グイグイ来ている一人の少年がいます。

彼の名は


松田元太」


年齢の割に溢れでる色気。

程よいムチムチ感。

そして知ってしまった私服。

耐えられない。

これ以上手を出すとお金も足りなければ目も足りない。


そんな中強く私に制御をかける物がある。

それは


「実習先の生徒と同じ年であること」



さすがにこれはまずい。

禁断の恋愛どころではない。お縄である。

しかしよく考えれば成人してからの

年の差婚だってあるじゃないか、

大丈夫、可愛いが好きに変わったって

なんの問題もない。

そんな葛藤がしばらく続いています。


冷静に考えれば彼が成人するまでは

こっそり応援しようと思うのですが

日に日にセクシーさをます元太くん、

年の差を感じさせないほど大人っぽく見えて

頭を抱えています。


知ってますか?彼のホクロ、

めちゃめちゃセクシーじゃないですか??


恐らく私は彼の身分証明書をみるまで

年齢は信じられないと思います。


これを見た松田元太くんは

ただちに身分証明書の写しを

私のところまで持参ください!!!!


彼には学生生活を楽しみつつ、

身体に気をつけてお仕事してほしい

気持ちでいっぱいです。



素敵な大人になってね!!!!


岸優太のこと。

 年下を好きになる訳がない。物心つくころから私にはこの考えが強く根付いていた。私は今まで生きてきて一度も年下に好意を抱いたことがない。しかしそんな私の心に電気が走った。


元々横尾さん高画質ピンスナップを

目的として購入したはじめての

アイドル雑誌。正直キスマイにしか

興味がなかった。ピンスナップを

じっと見つめて、買って良かったという余韻に浸っていた時、どうせならパラパラ読んでみよう。ついでにスノドコンで天使だった男の子さがしてみよう。そう思いたちベッドの上でゴロゴロ読み始めた。


最近の男の子達は細くて可愛いな、みんなモデルさんみたいだな、なんて思って読み進めるととんでもなく可愛い男の子達が現れた。

彼らは巨大なパンクッションに包まれていた。見つけた。スノドの天使。彼の名前がやっとわかった。

中村領亜と言うらしい。

可愛いなあ、どんな風に成長するのか楽しみだなあ。とモヤモヤを解消したのち、突然心臓が苦しくなった。


誰だこの黒髪ふんわりパーマで

クリームパンを頬張る少年は!!!



左下をみると

「YUTA KISHI」の文字


岸くん??え??岸優太くん??

とりあえず年齢を調べてみた。

彼は1995年生まれ、つまり私と

3歳の差がある。そして気づいてしまう。彼の年齢は大学1年生にあたることを。


全然セーフ、大丈夫付き合える


兎に角言い聞かせた。

何故なら友人がこの年の差でお付き合いしているからである。


気をよくした私はひたすら

岸くんについて検索する日々。

手当り次第雑誌を買い、

横尾さんと岸くんをいったりきたり。


しかし問題があった。

私は横尾さんが好きだ。

なのに、岸くんを好きと言っていいのだろうか。

横尾さんが嫌な思いをするのではないか、失礼にあたるのではないか。

この考えは今でも私を苦しめる。

でもしょうがない。

横尾さんも岸くんも好きなのだ。


そして便利な言葉を知ってしまう。


「DD」


みんな可愛くてかっこよくて

平和ならええじゃないか…


色々な見方、考え方があると思います。でも私には1人だけ…に絞れないようです…


そんなこんなで、

気持ちに葛藤がありながらも

ジャニヲタ友人に相談をしました。


実はジュニアが気になっている事


友人は食い気味に

「ジュニアは本気でやばいって」


そう止められたものの

彼女から3日後に

「いわちがやばい」

連絡が来ました。


今やお互いキスマイもジュニアに関しても苦しいことがあったら報告し合っています。

彼女は言います。

「チュンのせいでジュニアに落ちた」


ええじゃないか、こんなに楽しくて忙しく苦しい日々。

アイドルに振り回されるのも悪くない。

ましてや年下の少年達に…




私がはじめて岸くんを知ってから

一年程経ちますが、この一年で

彼はすごく垢抜けたような印象を受けます。

ちょっと年下感が強くて頭なでなでしたり手を引っ張って歩きたいと思っていた少年がいつしか「男」が溢れ出しグイグイリードされてしまいそうな色気。


いわゆる近所に住んでいた小学生の男の子が高校生になり彼女と歩いているような、そんな気持ち。


いつのまにか一人の男性になっていく岸くん。


これからもどんどんかっこよくなるんだろうな…と思いつつ少クラで振り遅れしてる姿をみて抱きしめたくなります。



今年はきっと彼会いたさに

遠征するんだろうな…と思いつつ

しっかり社会人頑張ろうと思います。


まだまだ書き足りない岸くん。

ゆっくり文字にさせてください。